ダイエット基本知識

朝、コップ一杯の水だけでOK!水の健康、ダイエット効果とは?

こんにちは!

ひとCです!

 

よく、「ダイエットや健康のためには1日に水を2Lくらい飲んだ方がいいよー」とよく聞きますよね。

 

でも実際にやってみると、「水を2L飲むのは難しい、ちょっとキツイ」なんて思う方もいるのではないでしょうか?

そんな方にオススメなのが、「起床後にコップ一杯の水を飲むこと」です。

朝、目が覚めた後に水を飲むことは、健康、ダイエット、美容にも効果的なんです。

 

ということで今回は、「起床後、朝起きた後にコップ一杯の水を飲む健康、ダイエット効果」についてお話していきます。

 

「水をたくさん飲むのがちょっとキツイ」

「水は良く飲むようにしていたけど、朝は意識して飲んでなかったな」

という方は是非参考にしてみてください!

起床後、コップ一杯の水を飲むメリット

起床後、コップ一杯の水を飲むメリット

まずは朝起きた後、水をコップ一杯飲むメリットをご紹介します。

1、不足した水分が補給できる

私たちの体は、寝ている間に多くの汗をかいています。

個人差はありますが、約8時間の睡眠で500mlほどの汗をかくそうです。

 

500mlって結構多いですよね。

寝ている間に500mlもの水分を失くしている体は、朝起きたらカラカラの状態。

水分不足の状態では、血の巡りなど、体の循環機能悪くなり、ダイエット中は上げおきたい代謝も悪くなってしまいます。

 

朝、起きて水を摂取することで、体の循環機能を正常化し、代謝機能も朝から上げることができます。

2、リンパの流れが良くなりデトックス効果

水を飲むことで、リンパの流れが良くなります。

 

リンパ腺は老廃物を排出する働きを持っていて、水を飲むことでリンパ液の流れが良くなり、老廃物の排出を促します。

 

また、ダイエットで何とかしたいセルライトは、脂肪細胞と老廃物がくっついたものです。

セルライトを増やさない、減らすためにも、水を飲むことは効果的です。

 

朝だけでなく、1日を通してこまめに水が飲めるとより効果的です。

老廃物のデメリット

・免疫力の低下

・代謝の低下

・ホルモンバランスが乱れる

・セルライトが増える(脂肪のかたまり)

・肥満

・むくみ

・肌トラブル(ニキビや吹き出物・乾燥肌など)

 

3、寝ている胃腸を起こしてスッキリ

朝、起きたばかりは、胃腸はまだ寝ている状態です。

朝水を飲んで胃腸を刺激して、目を覚まさせてあげましょう。

 

胃腸を起こしてあげると、腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、便通が良くなります。

水分によって便が柔らかくなり、スムーズに出やすくなるという便秘解消効果も期待できます。

 

蠕動(ぜんどう)運動とは

消化した食べ物を、腸が伸びたり縮んだりをくり返して腸内を移動させ、体外へ排出する運動です。

1秒間に約1cmのスピードで食べ物を動かしています。

蠕動運動が活発であれば便通はスムーズになります。

逆に蠕動運動が低下すると便秘下痢の原因にもなります。

 

いらないものを溜めこまず、腸を良い状態にすることは、腸の栄養吸収機能を正常にします。

食事からの栄養をしっかり吸収し、摂取した栄養が乗る、血液の質も向上させ、

体全体に栄養を十分に送ることができます。

 

腸の働きを活発にすることで体がスッキリして、血行も良くなり代謝向上、体調も良くなり体が動かしやすくなることで、消費カロリーの向上も期待できます。

 

さらに、腸の状態を良くすることで、免疫力が上がり、病気になりにくくなるので、健康効果もバッチリです!

水を飲むときのポイント

水を飲むときのポイント

朝起きたらすぐ飲む

水は朝起きたらすぐに飲むようにしましょう。

 

朝目が覚めたらまず水を飲み、それから顔を洗ったり、朝食の準備をするなど、

朝一番最初の行動に『水を一杯飲む』ということをしましょう。

 

朝一番に水を飲むことで、体の代謝スイッチが早く入ります。

起きたらすぐ水が飲めるよう、ベッドの横に水を準備しておくのもいいかもしれません。

冷たい水はNG

朝起きたばかりの体は、体温が低い状態です。

体温が低い状態で、冷やした水を飲むと、ただでさえ寝起きで冷えている体を、より冷やしてしまいます。

 

なので、朝だけでなく水を飲むときはできるだけ、常温の水、または白湯を飲むようにしましょう。

常温の水であれば体を冷やし過ぎないですし、適度に冷やすことで、

体の下がった体温をもとに戻そうとする働き(恒常性機能)が作用し、再び体温を上げようとします。

 

朝は夏のように暑いわけでもないかぎり、白湯を飲んで体の中から直接体温を上げることをオススメします。

朝飲む水の量の目安は250ml

「1日に水は2L飲むのが効果的だよー」

とよく聞きますが、朝起きて飲む水の量の目安は、250ml程度でOKです。

朝飲む水の量は250mlほどが効果的と言われています。

 

もちろん目安なので、多少前後してしまっても大丈夫です。

だいたいコップ一杯くらいが250ml程度かと思います。

 

寝汗を多くかいてしまったなーという日は、少し多めに摂っておきましょう。

まとめ

〇起床後、コップ一杯の水を飲むメリット

・不足した水分が補給でき、血の巡り、体の循環機能を正常化

・リンパの流れが良くなり、デトックス効果

・胃腸を起こしてスッキリ、便通改善

〇水を飲むときのポイント

・朝起きたらすぐ飲む

・冷たい水はNG

・朝飲む水の量の目安は250ml(コップ一杯)

朝水を飲むだけで、健康、ダイエット、美容にも効果のある事なので、

1日たくさん水の飲むのがキツイという方は、とりあえず朝水を飲むことをしてみてはいかがでしょうか?

 

1日を通して良く水を飲んでいるけど、朝は意識してなかったという方も、

生活習慣やダイエットに取り入れてみることをオススメします。

 

簡単ですしね。

 

あなたのダイエットを応援しています!

一緒に楽しく頑張りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です