ダイエット基本知識

水を飲むだけ!?水によるダイエット、健康を援護する5つの効果!

こんにちは!

ひとCです!

 

「ダイエット中には水を飲みなさい」

とよく聞きますよね。

でも、なんで水を飲んだ方がいいのかをご存知ですか?

 

この記事では、

「ダイエットに水を飲むのがいいと聞くけど、どんな効果があるの?」

「ダイエットに取り入れたいけど、どのタイミングで、どのくらい飲めばいいの?」

とお悩みの方に向けて、『水を飲むこと得られる効果、タイミングや注意点』についてまとめてあります。

 

あなたは、ダイエット、健康に効果的に水を飲めるようになります。

水を飲むことを習慣化して、ダイエット、健康作りに役立てて下さいね。

痩せた後もスリムで健康でいるために、水を飲むことを知って、ダイエットに役立てましょう!

 

是非あなたのダイエット、健康作りに役立て下さい。

水を飲むことで得られるダイエット効果

水を飲むことで得られるダイエット効果

代謝が上がる

水を飲むと一時的に体温が下がります。

すると、人間の体は下がった体温をもとに戻そうとする働き(恒常性機能)が作用し、再び体温を上げようとします。

 

この時に体はエネルギーを使って体温を上げるので、代謝が上がるというわけです。

 

また、新しい綺麗な水を体内に入れることで、体内の古い水が排出され、新しい水分が残ります。

綺麗な新しい水分が体内に残ることで、血液の質も向上します。

 

血液の質が向上することで、血のめぐりが良くなり、代謝の向上に繋がります。

デトックス効果

水を飲むことで、リンパの流れが良くなります。

 

リンパ腺は老廃物を排出する働きを持っていて、多くの水を飲むことでリンパ液の流れが良くなり、老廃物の排出を促します。

 

また、ダイエットで何とかしたいセルライトは、脂肪細胞と老廃物がくっついたものです。

セルライトを増やさない、減らすためにも、水を飲むことは効果的です。

老廃物のデメリット

・免疫力の低下

・代謝の低下

・ホルモンバランスが乱れる

・セルライトが増える(脂肪のかたまり)

・肥満

・むくみ

・肌トラブル(ニキビや吹き出物・乾燥肌など)

便通改善

便通改善

腸は栄養の約80%を吸収する臓器です。

何かの理由で吸収が阻害されてしまった場合、栄養が吸収されずに体外へ排出しようとします。

この場合、ダイエットに効果的な栄養素も吸収できませんし、便秘の原因にもなりかねません。

 

腸を健康にするには、食物繊維や良質な油、ミネラルなどを摂取する事ももちろんですが、一番に必要なのが水です。

水を飲むことで腸の健康を維持して、ぜん動運動を促し、便通を改善します。

 

便通が改善すれば、脂肪が減って痩せた訳ではありませんが、見た目がスッキリします。

出した分体重も減るので、体重計の数字が減って、体重計に乗るのも楽しくなるかも

乾燥肌、シミ、小ジワ、むくみの改善

乾燥肌、シミなどの肌トラブルの多く原因の1つは水分不足です。

日常的にこまめに水分を摂ることで、むくみや、乾燥肌の改善効果が得られます。

 

水分を摂るとむくみの原因になってしまうと思われがちですが、適度に摂取することでむくみは解消されます。

 

むくみの原因の1つは、水分が不足していることです。

水分が不足すると細胞は水分を排出しようとせず、溜め込み膨らむもうとするので、これがむくみに繋がります。

 

人間の体は約60%が水分と言われていますが、男女によってこの比率は若干変わります。

実際は女性の方が、男性より約5%ほど水分が少ないと言われていて、この体の水分バランスが、男性より女性がむくみやすい原因です。

満腹感を感じ食欲を抑えることができる

食事の前や間食の際など、先に水を飲んでおくことで少ない量の食事でも、ある程度の満腹感を得やすくなります。

お腹が空いたときも、水を飲んで空腹をごまかすこともできます。

 

こまめに飲むことで、1日の空腹感を感じる頻度を少なくすることが可能です。

個人的には、何か食べるときは、必ず水を飲むようにすることがオススメです。

 

水だけだと、味気ないですからね。

飲む水の量の目安

飲む水の量の目安

「水は1日2L飲みましょう」

と聞いたことはありませんか?

ダイエットで水飲むときに、よく聞く鉄板の言葉だと思います。

 

実際は、年齢や性別、体重によって飲んだ方がいい水の量は変わってきます。

目安は体重の4%

オススメなのは自分の体重の4%の量の水を飲むことです。

 

体重60kgの人の場合は2.4L

体重50kgの人の場合は2L

ということになります。

 

なので、1日2Lの水でも近い水分量にはなります。

もっと自分に合った水分量が良いという方は、是非4%を目安に水を飲んでみて下さい。

注意点と飲むタイミング

一度にたくさん飲まない

一度にたくさん飲むことは体に良くありません。

こまめに、水を飲む習慣を身に付けましょう。

なるべく常温の水を飲もう

冷やし過ぎた水では体を冷やし過ぎてしまい、代謝を上げる効果を得られません。

なので、水は常温、または温かい白湯にしておきましょう。

朝起きたら水を一杯

人間は寝ている間に汗をかいて、朝は水分不足の状態です。

朝起きたら水を飲んで水分不足を解消しましょう。

また胃腸に水が入ることで、内臓の代謝を朝から上げることができます。

寝る前の水はほどほどに

寝る前に多くの水を摂取すると、むくみの原因になりやすいので、寝る前はほどほどに。

大量の飲むのはNG

健康にいいからと言って、大量の水を飲むのはNGです。

1日に大量の水を飲むと、逆に健康を害して、水中毒になる場合があるので注意です。

何事も適量です。

まとめ

水を飲むことで得られるダイエット効果

・代謝が上がる

・デトックス効果

・便通改善

乾燥肌、シミ、小ジワ、むくみの改善

・食欲抑える

 

・水を飲む目安は体重の4%、2L前後

・飲みすぎ、タイミングには注意する

水を飲むことは、健康にもダイエットにも効果的なことです。

ですが、飲むだけで痩せられるわけではありません。

 

ダイエットの基本は、食事管理と適度な運動です。

水を飲むことは、ダイエットをサポートさせるためのものと考えておきましょう。

 

あなたのダイエットを応援しています!

一緒に楽しく頑張りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です