ランニング

ダイエットでランニングの途中で歩くのはアリ?それともナシ?

こんにちは!

ひとCです!

 

ダイエット目的でランニングしている人は多いですよね。

痩せるために頑張って走る!カッコイイし、とてもいいことです。

 

でも走っている最中に、

「疲れた歩きたいな」

「歩いてもいいかな」

「歩いたらダイエット効果が、」

なんて思ったことはありませんか?

 

運動習慣が無かった人には、ランニングし続けることはハードルが高いと思います。

そういう時は、全然歩いちゃってOKなんです!

むしろ歩いて休みながら、走りましょう!

 

ということで今回は、

『ランニング中に歩いてもOKな理由』についてお話していきます。

 

あなたはランニング中に歩いてもいい理由を知ることができます。

最初は体力的にキツイランニングも、歩くことを取り入れれば、無理なく継続することができますよ。

ダイエットのため、健康のため、引き締まった体を作るため、上手にランニングを取り入れて、全部手に入れちゃましょう!

 

是非あなたのダイエットの参考にしてみてくださいね!

ランニングの途中で歩いていい理由

ランニングの途中で歩いていい理由

脂肪燃焼効果が期待できる

ランニングなどの有酸素運動が、脂肪を燃焼させる効果があるのはご存知ですよね?

 

有酸素運動で脂肪を効率よく燃焼させるには、酸素、つまり呼吸が重要です。

ランニングの途中で歩くことで、しっかりと呼吸することができ、体内に多く酸素を取り込むことができます。

多くの酸素を取り込むことで、体脂肪を燃えやすくさせます。

 

有酸素運動では息が上がってしまうほどの運動強度より、誰かと話ができるくらい余裕のある運動強度の方が、脂肪燃焼効率は良いのです。

ランニング、筋トレ、プロテイン、破竹の勢いで痩せる順番はコレだ!ダイエットでランニングなどの有酸素運動と筋トレ、プロテインを組み合わせて行っている人は多いでしょう。 でも効率のいい順番で行えていますか? この記事ではランニング(有酸素運動)、筋トレ、プロテインをどの順番、タイミングで行えばいいのかを紹介しています。是非あなたのダイエットに役立ててください。...

頑張り過ぎず、継続しやすくなる

ダイエットでの運動で大事なことは、1回の多く運動することより、運動量は少なくても継続させて運動習慣を作ることです。

 

無理に走り続けずに途中で歩けば、その日の運動強度、量は下がってしまうものの、

無理のない運動内容に変わるので、日々の運動習慣として継続しやすくなります。

 

頑張って走り続けたいという気持ちはあるかもしれませんが、体が走ることに慣れないうちは、歩くことを挟んで継続させることを優先しましょう。

頑張り過ぎは何事も続きませんよ。

マイペースに行きましょう!

ケガのリスクが減る

ケガのリスク

ダイエット目的の運動で一番避けたいことが、ケガをすることです。

ケガをしてしまうと運動が続かないことはもちろん、私生活にも支障が出て、ダイエットどころではなくなってしまいます。

 

ランニングは着地時に体重の3~4倍の負荷がかかってしまうのに対し、歩くこと、ウォーキングには体重の約1.5倍の負荷で済みます。

 

走り続けるよりも途中で歩くことで、走ることに疲れた足を休めることもできますし、足の状態を確認することができます。

走るに歩くを組み合わせることで、ケガをしにくいダイエットができるようになりますよ。

 

特に運動習慣が無かった人は、ケガをしないことを重要視して、運動に取り組みましょう!

ランニング途中で歩く小さなデメリット

消費カロリーが減る

ランニング途中で歩けば、運動強度が下がってしまうので、消費カロリーは下がってしまいます。

 

ですが、歩くことでもカロリーは消費できますし、先ほど話した有酸素運動の脂肪燃焼効率は上がるので、

大きなデメリットということではありません。

 

もちろん走り続けた方が、ダイエット目的としては効果が高いので、体力が付いてきたら走り続けることも意識してみましょう。

時間がかかる

時間がかかる

当たり前かもしれませんが、歩くことより走る方が速いので、ランニングのみと途中で歩くランニングの場合、

ランニングのみの方が早く目標の距離に達します。

 

このデメリットは、距離を目標にした場合なので、これからランニングを始める人は、運動する時間を目標に取り組むことをオススメします。

途中で歩くランニングで意識すること

目標時間は合計で30分

有酸素運動の脂肪燃焼効果が期待できるのは、運動し始めてから20分からと言われています。

 

これは、人間の体は糖質と脂肪をエネルギーとして使いますが、運動し始めは糖質が多く使われ、時間が経過するにつれて脂肪が使われていくからです。

20分を経過したくらいから、糖質と脂肪の消費割合が逆転して、脂肪が主に使われるようになります。

 

なので始めは、ランニング、歩くことの合計時間30分を目標に運動に取り組みましょう。

慣れてきたら時間を延ばす、歩く頻度を少なくするなどして、運動の質を上げていきましょう。

基本は歩く➡走る➡歩く…

基本は歩く➡走る➡歩く...

運動習慣が無かった人は、いきなり走り出さずに、まず歩くことからスタートしましょう。

 

30分の運動を目標にするなら、『10分歩く➡10分走る➡10分歩く』というやり方もアリですし、

『体が温まるまで歩く➡疲れるまで走る➡また走れるまで歩く➡走る』というのもアリです。

 

自分に合った運動の仕方を見つけて、大きな負荷がかからないように取り組んでいきましょう。

歩くは速めに、ランニングはゆっくり

歩くときは少し速めを意識して、走る時はゆっくり走ることを意識しましょう。

 

歩くときは、ゆっくり歩き過ぎてしまうとダイエット効率が良くないですし、ランニングの時は速過ぎると、脂肪燃焼効果が薄れてしまいます。

 

歩くも走るも速度は変わらず、フォームだけ変わるようにすると取り組みやすいと思います。

痩せるのはウォーキング?ランニング?ダイエット初心者が始めるべきはダイエットで有酸素運動をするとき、走った方(ランニング)が痩せるのか、歩いた方(ウォーキング)が痩せるのか分からないですよね。運動習慣がある人はランニングをオススメしますが、運動習慣がなかった人はウォーキングの方がいいんですよ。 この記事ではランニング、ウォーキングどちらがどのような特徴があるのか痩せやすいのかなど解説しています。是非あなたのダイエットに役立てて下さいね。...

まとめ

ランニング途中で歩いでいい理由

・脂肪燃焼効果が期待できる

・頑張り過ぎず、継続しやすくなる

・ケガのリスクが減る

途中で歩く小さなデメリット

・消費カロリーが減る

・時間がかかる

ランニングはダイエットだけでなく、健康にもとても効果的な運動です。

 

走り続けることよりも、途中で歩いて運動の負荷を減らし、継続させることを優先して取り組みましょう。

継続すればおのずと体力はついてきて、走り続けることも簡単にできるようになります。

 

ランニング、走ることはめちゃくちゃ楽しいので、無理なく継続してあなたにもこの楽しさを感じてもらいたいと思っています。

運動が楽しくなったら、あなたはもう太ることは無くなりますよ!

 

あなたのダイエットを応援しています!

一緒に楽しく頑張りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です