ダイエット基本知識

ダイエットの停滞期の抜け方は、体を上手に騙すこと!騙して痩せろ!

こんにちは!

ひとCです!

 

ダイエットが上手く進むをやってくるのが停滞期

この停滞期、多くのダイエッターを葬り去ってきた、恐ろしいやつなんです。

 

停滞期に入ってしまうと、体重が落ちずに、ダイエットを諦めてしまう人が続出します。

ダイエットを成功させるためには、この停滞期をなんとかしなければいけません。

 

停滞期をなんとかするにはどうすればいいのか?

答えは単純です。

 

騙して、続ければいいんです。

というわけで今回は『停滞期の抜け出し方』についてお話していきます。

 

あなたは、停滞期の抜け出し方、入りにくくする方法を知ることができます。

停滞期の抜け出し方、入りにくくする方法を知ったあなたは、

ダイエットを最後まであきらめずに、スラっとシャープな理想の体を手に入れるでしょう。

是非最後まで読んで、いずれ来る停滞期に備えて下さいね。

もう来ている方は、すぐ実行してみて下さい。

停滞期とは

停滞期とは、ダイエットをしていれば、誰でも一度はぶち当たる壁、

順調に落ちていた体重が停滞して、なかなか落ちていかなくなる時期のことです。

 

個人差はありますが、体重の5%ほど減量すると、2週間~2カ月の間、停滞期に入るといわれています。

 

この停滞期には、「ホメオスタシス」という体の機能が関係しています。

ホメオシタシスとは

ホメオシタシスとは、人間の危機管理機能のようなもので、体を一定に保とうとします。

 

ホメオシタシスが大幅な体重の変動に気づくと、

「あれ?この体重の落ち方ヤバくない?ヤバそうだから、一回痩せるの止めるね」

てな感じで、カロリーをなるべく使わずに、取り入れた食べ物の吸収率を高めます。

 

ここから停滞期が始まります。

 

停滞期に入るということは、ダイエットは順調ということです。

「体重が落ちないなんでなんで?」

「体重落ちないしもう嫌!」

とネガティブに考えずに、

 

「体重が落ちなくなった。ダイエットは順調!ここが踏ん張りどころだな!」

「ここを乗り越えれば、何とかなるはず」

と前向きに考えましょう。

停滞期の抜け方

チートデイを使う

チートデイを使う

チートデイとは「ごまかす日」という意味があり、この日を使ってホメオシタシスをごまかします。

 

具体的には、ホメオシタシスに対して、

「体の危機なんかじゃないよー、ちゃんとご飯食べてるからねー」

と伝えるために、ダイエット中でも多くのカロリーを摂取します。

 

摂取するカロリーはおおよそ、体重×40kcalほどを目安にしましょう。

体重60kgの人であれば、2400kcalほどです。

思い切って食べなければ、チートデイの効果が薄くなるので、この日だけはしっかりカロリーを摂りましょう。

 

「暴飲暴食を変わらないじゃん」

と思う人もいるかもしれませんが、突発的に食べてしまうのが暴飲暴食

チートデイは計画的に多く食べるのです。

 

チートデイを、計画的にダイエットに組みこむことで、「食べたい」という欲求をコントロールします。

停滞期に入ってからでもいいですし、最初から1~2週間に1日はチートデイにすると決めておけば、停滞期に入りにくくします。

 

例えば、週に一回、日曜日はチートデイにする場合、

「日曜日には好きなものが食べられる」

と考えてダイエットでき、他の日は頑張りやすいはずです。

 

辛いだけのダイエットは、リバウンドしやすいですから、ダイエット休憩という意味でも、チートデイを上手く利用しましょう。

とにかく今のダイエット方法を続ける

人によっては停滞期は長くなりますから、ここで心が折れてダイエットを諦めてしまう人も多いです。

 

ですが、ダイエット方法が極端でもない限り、必ず停滞期は抜けることができます。

 

今まで通りにダイエットを続けていけば、ホメオシタシスも、

「大丈夫だ問題ない」

という考えに変わり(考えてはいないけど)、省エネ状態を解除してくれて、体重は必ず落ちていきます。

 

大事なのは、今まで通りのダイエットを根気よく続けること。

ここで諦めてしまう人が多いですが、あなたは絶対に諦めないでください!

ここが踏ん張り所です!

停滞期にやってはいけないこと

食事量、摂取カロリーを減らす

食事量、摂取カロリーを減らす

停滞期に一番やってはいけないのが、食事量、摂取カロリーを減らすことです。

 

体重が落ちにくくなるので、食事を減らしたくなる気持ちは分かりますが、

これをしてしまうと、体が飢餓状態と判断して、より痩せにくくなってしまいます。

 

これではリバウンドする可能性を高め、自分で自分を追い込んでいるだけです。

食事量はそのまま、またはチートデイを使いましょう。

ダイエットをやめてしまう

「これ以上体重は落ちないのかな」

と考えて、ダイエットを諦めてしまうのはダメです!

 

停滞期には必ず入ると思ってダイエットに取り組んで下さい。

そして停滞期は必ず抜け出すことができます。

 

しかも停滞期に入っている状態では、ホメオシタシスが働いて、省エネ状態、

簡単に痩せる前の体型に戻ってしまいます。

秒で太ります。秒で、

 

ですので、ここで諦めちゃダメです!

今までの努力がすべて水の泡に消えてしまいます。

停滞期に入らないようにする方法

そもそも停滞期に入らなければ、悩む必要はないのです。

長期的に時間をかけてゆっくり痩せる

長期的に時間をかけてゆっくり痩せる

短期的にガッツリ痩せようとすると、停滞期に入りやすいです。

 

逆に長期的にゆっくり痩せようとすると、ホメオシタシスは反応せずに停滞期には入りずらいです。

月に1kgペースのゆっくりとしたダイエットであれば、停滞期に悩まされることなく、緩やかに痩せることができるはずです。

 

個人的にも、ゆっくりとしたペースで確実に痩せていくことをオススメしています。

チートデイを取り入れる

上でも話しましたが、定期的にチートデイを使えば、ホメオシタシスをだまして

計画的にダイエットができます。

 

たくさんのエネルギーを摂取すると、それを消費しようと代謝が上がりやすくなるので、停滞期に入りずらいです。

食べる時間帯は、代謝が活発な昼がオススメ。

 

しっかり食べないと意味がないので、チートデイだけはしっかりカロリーを摂りましょう。

体重×40kcalですよ。

まとめ

・停滞期は誰にでもやってくる

・ホメオシタシスという機能が原因

・チートデイでホメオシタシスをだませ

・とにかく継続、継続すれば必ず停滞期の壁をぶち抜ける

・体重が減らないからと言って、食事は減らさない、諦めない

停滞期は、ホメオシタシスが機能するからやってくるものですが、

決してホメオシタシスは悪いものではありません。

 

体が生きるために大切な機能です。

ダイエットを成功させるには、このホメオシタシスと上手に付き合っていく必要があります。

 

停滞期はダイエットが順調な証拠です。

諦めずに、踏ん張って抜け出しましょう!

 

あなたのダイエットを応援しています!

一緒に楽しく頑張りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です