ストレス

【簡単】暴飲暴食(過食)をやめる方法は○○をやめればいいだけ!?

こんにちは!ひとCです!

 

あなたは大好きなお菓子やパン、ラーメンなんかを食べないように我慢して、

我慢して我慢してダイエットを頑張っているのに、

つい誘惑に負けて、暴飲暴食(過食)に走った経験はありませんか?

 

食べずに我慢しているときに一口でも食べると、我慢していた分、食べた時の美味しさはたまらないですよね。

それで夢中になって、めちゃくちゃ食べちゃうんですよね…

 

残念ながら私は何回も経験しています。

何回も何回も我慢して、

何回も何回も暴飲暴食(過食)して、

数えきれないくらい、ダイエットに失敗してきました。

 

数えきれない失敗をし、暴飲暴食(過食)をし続けてきた私は、

これ以上失敗しないために、ついにある答えに行き着きました。

 

「食べないこと(過度な食事制限)を諦めよう。」

 

そう、私は『食べないこと(過度な食事制限)』をやめました。

 

もしあなたが今、食べないことを頑張っていて、それが原因で暴飲暴食(過食)に走ってしまうのなら、もうやめてしまいましょう。

勘違いしないでほしいのが、痩せることを諦めるわけではなくて、

食べないことで痩せる方法はもうやめましょうという意味です。

 

そんなダイエットを続けていても、痩せられるはずありません。

暴飲暴食(過食)の原因はそこにあるのですから。

あなたにそのダイエット方法は合わないんです。

 

なので今回は『暴飲暴食(過食)をしない方法』についてあなたに話していきます。

 

あなたはダイエット中の暴飲暴食(過食)をやめることができずに、

何度も何度もダイエットに失敗し、ついには痩せることを諦め、

汚い汗や体臭をまき散らし、ただ近づくだけで周りの人に嫌な顔をされるかもしれません。

 

あなたは、暴飲暴食(過食)をせずに順調にダイエットを進めることができ、

恋人や奥さんに褒めてもらえるシュっとしたスリムボディを、

スピーディに手に入れられることができるでしょう!

暴飲暴食(過食)に悩んでいる人は絶対読んでくださいね。

食べてもいいんです!

食べてもいいんです!

冒頭でも話した通り、暴飲暴食(過食)の原因は過度な食事制限にあります。

 

「お菓子は食べない」

「炭水化物は摂らない」

なんて極端なダイエットをしていたら、ストレスが絶対に溜まります!

絶対です!

 

ただでさえ、ストレスが充満する現代社会で暮らしているのに、そこにさらに大きなストレスを抱えたら、我慢できるわけがありません。

 

だから、

『食べていいんです。』

我慢せずに、食べたいものは食べてしまいましょう!

 

「食べたいものを食べてたら痩せないよ」

「ダイエットにならないじゃん」

なんて思っているでしょ。

 

なぜ太るのか?

それは、食べ過ぎるから太るんです。

当たり前ですよね。

 

だから『食べるもの』あまりは関係ありません。

『食べる量』こそが太る最大の要因なのです。

この『食べる量』さえどうにかすることができれば、何を食べても太ることはありません。

条件付きで食べたいものを食べよう

条件付きで食べたいものを食べよう

ダイエット中に食べたいもの(高カロリーのもの)を食べるときは、

何か条件を付けましょう。

条件を付ければ食べる量を抑えることができ、なおかつ条件に運動を取り入れれば痩せやすい体作りにもなり、食べた分のエネルギーの消化にもつながります。

 

例えば

「一日お菓子を買って食べていいのは1つまで、たくさん入ったお菓子は買わない」

という条件を付ければ、お菓子を我慢せずに済みますし、家にお菓子が存在しなくなります。

家の中にお菓子を置いておくのは、気軽に食べてしまえるのでしないようにしましょう。

「ラーメンを食べたら、必ず筋トレとウォーキングをする」

この条件を付ければ、食べたラーメンの栄養は筋肉に変わってくれるものもありますし、筋肉が増え、基礎代謝量(生命活動を行うために必要なエネルギー量)も上がり太りにくく、痩せやすい体になっていきます。

筋トレ後にウォーキングなどの有酸素運動ができれば効率よくエネルギーを消費できます。

「飲み会の次の日は、食事量を控えお菓子などの高カロリーで余分な間食は食べない」

お酒の席などは、お酒をの飲んでつまみなど食べてしまいますよね。

そういう時は我慢せず、飲んで食べて飲み会を楽しんでしましましょう。

こういった我慢もストレスに繋がります。

ただ翌日は何も食べないなどの過度な条件を付けるのではなく、食事量を少し減らしたり、お菓子などの余分な間食は控える条件を付けてフォローしましょう。

食べるものの量を抑える条件や、摂取しすぎたカロリーをコントロールするようなフォローできる条件を付けられれば、

食べる量を減らしたり、カロリーを消費する癖を付けることによって、ただカロリーを摂取するだけよりも、体にため込むエネルギーを減らすことができます。

この意識が癖付けられれば、ダイエットもスムーズに進みます。

 

オススメなのが、

「ランニングをした日は、これを食べてOK」

みたいな、運動したら食べてもいいみたいな条件にすると、カロリー消費もできますし、太りにくい体作りにも効果的です。

私は実際にこの条件でダイエットに取り組んで、痩せることができました!

最強!定番!有酸素運動!ランニングのメリット6選!運動するならコレ!ダイエットといえば運動ですよね。そのダイエットの運動の定番といえば、「ランニング」です! この記事では、そのランニングのメリットを6つお伝えしています。 ランニングには様々なメリットがあるんです! ダイエットにはもちろん!それ以外にもたくさんのメリットがあるので、ダイエットで運動しようと思う人はこの記事を読んで、是非ランニングを始めてみて下さい! 病みつきになりますよ。...

まとめ

ここまで読んでくれたあなたは

・食べないこと(過度な食事制限)が暴飲暴食の原因。食べることで暴飲暴食を抑制できる。

・条件を付ければダイエット中にも食べたいものを食べても、摂取カロリーを減らす、消費することができる。

継続して、その意識を癖付けられたらダイエットがスムーズに進む。

ということを知ることができました。

 

これからあなたがすべきことは

・食べない(過度な食事制限)をやめる。

・何か食べたいものがあるときは、条件を付けて我慢せずに食べる。

これができれば、暴飲暴食(過食)はそう簡単にすることはありませんし、大きなストレスを抱えずにダイエットに取り組むことができます。

食べてもいいと言ってはいますが、もちろん食べ過ぎには注意してください。

たくさん食べてもいいというわけではありません。

カロリー管理は、ザックリでいいのでちゃんと考えましょうね。

ダイエットは長期的に行った方が、リバウンド(失敗する)リスクが低いですから、すぐに結果を求めず、しっかりコツコツ取り組んでいきましょう!

 

あなたのダイエットを応援しています!

一緒に頑張りましょう!

https://hito-c.com/past/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です