ダイエット方法

ダイエットしたいけど運動する時間がないという方専用!簡単運動5選!

こんにちは!

ひとCです!

 

「ダイエットはしたいけど、運動する時間がない」

と悩んでいる方は多いですよね。

 

現代社会では、学校、仕事、家事、育児と色々なものに時間を取られてしまいます。

あなたも、運動したいけど時間が取れない1人ではないですか?

 

この記事では、

「ダイエットしたいけど運動する時間がない」

「生活の中で運動を上手いこと取り入れたい」

と思う人のためにまとめました。

 

あなたは、ダイエットで運動する時間が作れなくても、生活の中に上手に運動を取り入れ、痩せやすく太りにくい生活が送れるようになります。

この記事を読んで、痩せ生活を始めましょう!

未来のあなたは、きっとスリムな体でいい笑顔をしているはずです!

 

ゆっくり読んで下さいね。

まず初めに、本当に時間がないですか?

本当に時間がないですか?

きっとあなたは日々忙しく、仕事や学校、帰ってからも家事や、勉強、育児など、

色々なものに時間を取られ、運動する時間が取れないと考えていると思います。

 

でもそれって、本当ですか?

 

仕事、学校で1日の大半の時間を取られてしまうのは分かります。

家に帰ってから家事や勉強、育児なども理解できます。

 

ではそれ以外の時間は?

スマホでゲームをしている時間はありませんか?

5ちゃんのまとめサイトなどを、暇つぶしに見ている時間はありませんか?

YouTubeやネットフリックなどで、動画を観て楽しんでいる時間はありませんか?

 

もしこういった時間があるという人は、運動する時間を作り出せるはずです。

 

ダイエットの運動は、空いた時間にするのではなく、

時間を作り出して行うものです。

 

運動する時間なんて、30分もあれば十分です。

30分有酸素運動をする。

30分筋トレする。

 

生活の中でこれだけのことができるだけで、ダイエット中の運動は事足ります。

あなたの生活から30分の時間を捻出することは、本当に不可能ですか?

 

「1日13時間働いている」なんて人でもない限り、時間は作れると思います。

 

なのでまずは、あなたの生活の中で、

・無駄な時間を過ごしていないか

・運動する時間に変えられる時間はないか

を意識して見直してみて下さい。

生活を工夫して運動しよう

とは言っても、本当に時間が作れない人もいるはずです。

 

そういった方、そうでない方も、日々の生活を工夫して賢く運動する習慣を作りましょう。

生活の中で、こういった工夫で運動になるよってものを5つご紹介します。

1、姿勢を正す

姿勢を正す

生活の中で、立ったり、座ったり、歩いたりしていますよね。

 

その時に背筋を伸ばして、綺麗な姿勢を意識するだけでも、ただ歩くこと、座っていることがダイエットに効果的な運動に変わります。

 

ただこれだけのことで、姿勢を意識していない時よりも確実にインナーマッスルが鍛えられ、基礎代謝の維持、向上します。

さらに姿勢を意識することで、他人からの印象もグッと良くなるはずです。

 

背中が丸まった人より、背筋がまっすぐの人の方が、男も女もカッコイイですもんね。

2、かかとの上げ下げ

私生活や仕事、学校でも、ただ立っているだけの時間、

または立ったまま手は動かして、作業する時間などがある人は、

その場で、かかとの上げ下げをしてみましょう。

 

私生活で言えば、歯磨きしているときなど、手は動かすけど脚は暇ですよね。

そういったときにかかとの上げ下げで、ちょっとした運動ができます。

 

かかとの上げ下げで、ふくらはぎを鍛えることができます。

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれ、心臓から送られてきた血液を送り返し、

スムーズに全身に送るための、ポンプのような役割を持っています。

 

ふくらはぎを動かし鍛えることで、血行が良くなり、代謝促進、冷え性改善などの効果が期待できます。

3、立っている時間を増やす

立っている時間を増やす

デスクワークや学生などは、椅子に座っている時間が長いかと思います。

そういった方は、立てるチャンスがある時は積極的に立っていましょう。

 

立っている方が座っているよりも筋肉を使うので、消費カロリーが多く

運動習慣が無い方には、立っているだけでも、ダイエットとしての運動になりえます。

 

仕事中、授業中は無理でも、通勤、通学のバス、電車の中には立つチャンスは転がっていると思います。

4、背伸びをする

背伸びをする

椅子に座った状態でも、立った状態でもOKなので、

両手を組んで、真上にグーっと背伸びをしましょう。

 

ついでに伸ばしたまま上半身を左右に動かして、体をほぐしましょう。

こうすることで、肩回り、首周りのストレッチになります。

 

このような簡単なストレッチでも、筋肉を刺激することで、代謝を促進させ、

首や肩の凝り解消にもなります。

 

現代人には本当に何も体を動かなさい、という人も少なくないので、

簡単な運動、ストレッチがダイエットにもなってしまいます。

5、ドローイング

 

ドローイングとは、腹式呼吸を少し工夫して、お腹周りの腹筋、インナーマッスルを鍛えられる運動です。

器具など必要とせず、呼吸するだけで出来るのでお手軽です。

 

やり方は、

1、お腹を膨らませるように大きくゆっくり息を吸います。

2、限界近くまで息を吸ったら、少し息を止めます。

3、ため込んだ空気を吐き出します。この時にお腹がへこんでいくように意識。

4、空気を限界近くまで吐き出したら、30秒ほどお腹をへこませたままキープ。

5、またゆっくり息を吸い、繰り返します。

 

立った状態、座ったままでもOKです。

仕事をしながらでも、授業を受けながらでもできてしまいます。

 

無理して行う必要はないので、隙を見つけて行いましょう。

まとめ

・運動する時間が本当にないのか、自分の生活を見直してみる

・時間が無くても生活の中で工夫して、簡単な運動をしよう

・生活に取り入れられる簡単な5つの運動

①姿勢を正す

②かかとの上げ下げ

③立っている時間を増やす

④背伸びでストレッチ

⑤ドローイング

運動する時間を作り、筋トレやランニングなどの有酸素運動をすることが理想ではありますが、

そういったまとまった時間が作れなくても、工夫1つで生活の中で運動はできます。

 

ほんの少しでも生活の中で運動する意識が持てれば、1日の消費カロリーは増え、太りにくく痩せやすい生活をおくることができます。

 

ようは考え、意識の問題です。

いきなり大きなことをする必要はありません。

 

まずはあなたのできるところから、少しずつ体を動かす習慣を身に着けていきましょう!

 

あなたのダイエットを応援しています!

一緒に楽しく頑張りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です