ランニング

朝に有酸素運動をするなら朝食前?朝食後?やるならこっちでしょ!!

こんにちは!

ひとCです!

 

ダイエットのため、朝にランニングやウォーキングなどの有酸素運動をしよう、している人もいるのではないでしょうか。

朝から運動をするのは、その日の代謝を上げられるので、すごくオススメです。

 

ですが、

「朝食前と後、どちらで運動した方がいいの?」

とお悩み方もいるのでは?

今回はそんな、『朝の有酸素運動は朝食の前と後どちらですべきか』についてお話します。

 

結論から言えば、『運動するなら朝食の「前」』です!

これから細かく解説していきます。

 

あなたは、朝の有酸素運動を効率よく、気持ちよく行うことができるようになります。

朝の運動を習慣化させたあなたは、もう太ることはなくなります。

後は健康的に生活して、痩せていくだけ。

生活のリズムも健康化して、気持ちのいい毎日が送れるようになります!

おデブな生活習慣からは脱出して、痩せる生活習慣を楽しく作りましょう!

是非最後まで読んで、あなたの生活習慣を変えるきっかけにしてください。

やってみると意外とどうにかなるものですよ!

有酸素運動は朝食前に行う理由

有酸素運動は朝食前に行う理由

ランニングウォーキングなどの有酸素運動を、なぜ朝食前に行った方が良いのかを解説します。

朝食前、起床後は体の中の糖質が少ないので、脂肪燃焼チャンス

朝起きて朝食を摂る前は、体内の糖質が少ない状態です。

 

有酸素運動の目的は、消費カロリーを増やし、脂肪を燃焼させること。

有酸素運動のエネルギー源は糖質と脂肪、体内の糖質が少ない状態であれば、脂肪を燃焼しやすくなります。

 

ここで注意したいのは、空腹の状態では運動しないことです。

空腹の状態は、体内の糖質が枯渇してのエネルギー不足の証拠です。

 

糖質が全くない状態では、脂肪を効率よく燃やすことはできません。

あり過ぎても困りものですが、運動前には多少の糖分を補給してください。

食べ物でも、飲み物でも構いません。

 

バナナやヨーグルトなど、手軽に摂取でき、消化の良いものがオススメです。

少し糖質を補充できればいいので、バナナなら小さいもの一本、

ヨーグルトは小さめのカップのものを1つくらいでOKです。

 

糖質は脂肪を燃焼させるための着火剤のみたいなものです。

朝食後だと消化不良を起こす

朝食を食べた後だと、胃に食べ物たくさんが残った状態で運動することになります。

 

この状態で運動をすると、体が食べ物を吸収しようとする働きを、運動でエネルギーを消費する働きが阻害して、

消化不良を起こして、気持ち悪くなります。

 

食べた後、すぐ運動すると気持ち悪くなるのはこのせいです。

 

食べることによって、2つ体の働きがお互い阻害し合い、運動でのエネルギーの消費する効率も悪くなるので、いいとこナシです。

もし、朝食後に運動するなら、食べた後2~3時間ほどは時間を空けてから運動しましょう。

 

この場合は学校や仕事がお休みの日は、できるでしょうが、

普段の通勤通学までの時間に行うのは、ハードルが高いですよね。

時間の都合ためにも、運動するなら、朝食前の有酸素運動を心掛けたいですね。

朝食前の有酸素運動の効果を上げる方法

朝食前の有酸素運動の効果を上げる方法

朝起きたらコップ一杯の水を飲む

運動するも、しなくても、朝起きたら一番最初にコップ一杯の常温の水を飲みましょう。

冬で寒い場合は白湯でもOKです。

 

人間は寝ている間に汗をかいて、水分を失っています。

水分補給をして血流を良くすると共に、胃腸などの消化器官も寝ているので、水を流して起こしてあげましょう。

朝起きて一杯の水を体に入れてあげることで、胃腸が洗われ、目を覚まして活発に動きだしてくれます。

 

内臓が活発に動き出すことで、代謝が上がり、有酸素運動の効果もアップします。

準備体操、筋トレを行う

有酸素運動前には準備体操、ストレッチ、可能であれば筋トレを行いましょう。

 

朝起きたばかりの体は、筋肉固まっていて、起きてすぐ走り出したりするとケガをしやすいです。

なので、簡単な準備体操でもいいので、運動前は筋肉や関節を動かしておきましょう。

 

注意してほしいのが、筋肉を伸ばし過ぎないこと。

筋肉が固まっている状態では、伸ばし過ぎると筋肉を傷める原因になりかねません。

伸ばし過ぎずに、軽くで全然OKです。

 

準備体操やストレッチが終わって、可能であるなら筋トレも行いましょう。

有酸素運動前に筋トレを行うと、有酸素運動の脂肪燃焼効率をアップさせることができます。

 

筋トレをすると、糖質を消費しまし、アドレナリンや成長ホルモンなどが分泌。

筋トレをすることで、有酸素運動でも消費する糖質に先に火をつけておいて、脂肪を燃焼しやすくさせます。

かつ、アドレナリンや成長ホルモンは脂肪燃焼を促進する働きがあります。

 

この効果で有酸素運動の効果を強化しましょう!

ドラクエで言うと、バイキルト的な感じです。

ランニング、筋トレ、プロテイン、破竹の勢いで痩せる順番はコレだ!ダイエットでランニングなどの有酸素運動と筋トレ、プロテインを組み合わせて行っている人は多いでしょう。 でも効率のいい順番で行えていますか? この記事ではランニング(有酸素運動)、筋トレ、プロテインをどの順番、タイミングで行えばいいのかを紹介しています。是非あなたのダイエットに役立ててください。...

朝食前の有酸素運動が終わったら

朝食前の有酸素運動が終わったら

有酸素運動が終わったら、疲れた筋肉をほぐすため、ストレッチを必ず行いましょう。

 

運動した後は、筋肉が縮まった状態になっています。

その状態を、ほぐしてしっかり伸ばしてあげましょう。

運動後は体が温まっているので、運動前のストレッチよりも筋肉が伸びやすいです。

入念に行いましょう。

 

ストレッチをすることで、筋肉に溜まった老廃物を、外に逃がし、疲れを残さないようにできます。

柔軟な体作り、普段の生活のケガ予防にもつながるので、必ず行ってください。

朝起きたら行う順番は

朝起きる

水か白湯をコップ一杯飲む

バナナやヨーグルトなど、消化の良い食べ物か飲み物で糖分を、少し補給

準備体操、ストレッチ、できたら筋トレ

有酸素運動へGO!

運動が終わったら、入念にストレッチ

朝食

 

朝食は栄養バランスを考えて、偏らない食事を意識しましょう!

運動後は筋肉が疲弊して、たんぱく質を欲しているので、たんぱく質多めで!

まとめ

・朝の有酸素運動は朝食の前に!

・朝食前の方が脂肪燃焼しやすく、食後だと消化不良を起こす。

・朝起きたらコップ一杯の水を飲んで、少しの糖分を補給。

・準備体操、ストレッチを忘れずに、できたら筋トレ。

・運動が終わったら入念なストレッチ。

・朝食は、たんぱく質多めの栄養バランス考えて。

朝から運動する習慣を作ると、その日1日の代謝も良くなり、

太りにくく痩せやすい体質、生活を作ることができます。

 

夜型の生活をしている人は無理に、生活時間を変えようとせず少しずつ、早起きする練習をしてみましょう。

 

私は仕事柄、朝の4時や5時に寝る夜型人間でしたが、朝のランニングを習慣化させて、

今では、朝の8時までには起きる生活になりました。

ちなみに仕事は、基本夕方~夜0時までの勤務が多い仕事です。

 

意外とやってみるとできるものです。

人によっては夜運動する方もいるので、あなたに合った運動習慣を作ってください!

 

あなたのダイエットを応援しています!

一緒に楽しく頑張りましょう!

有酸素運動を楽しむための無料プレゼントがありますので、是非活用してみて下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です