ダイエット方法

空腹で寝るだけで!?空腹睡眠ダイエットのメリットデメリット

こんにちは!

ひとCです!

 

痩せたいと思いダイエットを始めるも、

「食事制限キツ過ぎ」

「運動無理過ぎ」

「食事記録するの面倒くさすぎ」

とダイエットを諦め挫折してしまう人は多いですよね。

 

あなたもダイエットを一度は諦めた経験はありませんか?

そんな方にオススメの、シンプルなダイエット方法があります!

 

そのシンプルなダイエット方法とは、

空腹の状態で寝るだけ!『空腹睡眠ダイエット』です!

 

ということで今回は、『空腹睡眠ダイエット』についてお話していきます。

 

あなたは、空腹睡眠ダイエットについて知ることができます。

空腹睡眠ダイエットを実践すれば、面倒な運動や食事管理を必要とせずに痩せることができるかもしれません。

シンプルなのでこっちの方が性に合うという人は、思った以上簡単に素敵ボディを手に入れられる可能性があります。

 

是非あなたのダイエットの参考にしてみてくださいね。

空腹睡眠ダイエットとは

空腹睡眠ダイエットとは

空腹睡眠ダイエットとは、文字通り空腹の状態で睡眠することです。

 

基本的なやり方は、18時以降は何も食べずに、寝る前に空腹感を感じるようにします。

そして寝ます。

これだけです。

 

ダイエット方法としてはとてもシンプルです。

辛い食事制限や、運動は必要ありません。

 

「夜に食べると太る」というのはダイエット界では常識ですよね。

空腹睡眠ダイエットは、夜食べないようにするだけですから、昔からある古典的なダイエット方法ととも言えます。

空腹と睡眠とホルモン

米コロンビア大学の研究によると、「睡眠が少ないと肥満になる可能性が73%アップする」という研究結果が出ています。

 

その理由は、寝ることよって影響を受けるホルモンが、ダイエットに密接に関係しているからです。

どんなホルモンがあるのか見ていきましょう。

成長ホルモン

成長ホルモンは、言わずと知れたダイエットに効果的なホルモンです。

 

肌細胞を修復して、肌を綺麗にする。

内臓、筋肉、骨などの疲労回復、増強。

代謝、脂肪燃焼を促進させる。

などの効果があります。

 

夜更かしはお肌に悪いというのは、こういう理由があったんですね。

ダイエットに深く関わってくるのが、「代謝、脂肪燃焼を促進させる」です。

 

成長ホルモンは寝てから、最初の3時間の間に分泌されます。

コレチゾール

コレチゾールは、ストレスを感じると分泌されるホルモンとして有名ですが、睡眠中はダイエットに大きな効果を発揮してくれます。

 

寝ている間のコレチゾールは、体内のブドウ糖や脂肪を分解してエネルギーに変えてくれる働きがあります。

 

寝ている間は、エネルギーを使っていないように思われる方もいるかもしれませんが、寝ている間もちゃんとエネルギーを使っています。

そのエネルギー源として、コレチゾールがブドウ糖と脂肪を使ってくれます。

 

深夜の3時ころからコレチゾールの分泌が増えると言われています。

レプチンとグレリン

私たち人間の食欲に密接に関わってくるホルモンが、レプチンとグレリンです。

 

満腹感を感じて、食欲を抑える働きがあるのがレプチン。

食欲を促進させる働きがあるのが、グレリンです。

 

睡眠時間が短い、質が悪いとレプチンの分泌量が減ってしまい、グレリンの分泌量が増えてしまいます。

つまり、食欲が増してしまい、たくさん食べても食べ足りず、必要ないのに食べ過ぎてしまう、ということになってしまいます。

空腹で寝るメリット

体脂肪を消費する

体脂肪を消費する

寝ている間に、成長ホルモンやコレチゾールが消費してくれるカロリーは、約300~500kcalと言われています。

 

空腹の状態は血糖値が低いので、血液中の糖質が少ないです

よって空腹状態で寝れれば、糖質が使われる量が少なくなり、脂肪が使われる量が多くなります。

血糖値と太る仕組みを理解せよ!血糖値が上がる仕組みと安定させる3つの方法血糖値が上がるとなぜ太りやすいといわれているのか、ご存知ですか?血糖値が上がることにはちゃんと理由があって、血糖値が上がることによって何が起こり、なぜ太ってしまうのか、その太る仕組みをこの記事で解説してります。ダイエットを成功させたい、血糖値を理解したいあなたは是非参考にしてみて下さい!...

質の良い睡眠がとれる

お腹に食べ物が残った状態だと、寝ている間も胃は消化を続け、休むことができないので睡眠の質が低下します。

 

また、内臓が活動することによって代謝が上がり、体温が下がりにくくなってしまい、眠りが浅くなります。

お腹いっぱいになると一時的には眠くなりますが、睡眠の質を考えれば満腹状態での睡眠はオススメしません。

自然と早寝になる

空腹睡眠をしようとすると、空腹感と戦うことになります。

 

長期戦になってしまうとこちらが不利なので、「お腹が減ったから、もう寝ちゃおう」という考えになり、早く寝ようとするはずです。

起きていても、食べる危険性がある方はさっさと寝てしまいましょう。

しっかり朝ごはんが食べられる

しっかり朝ごはんが食べられる

満腹の状態で寝てしまったりすると、翌朝胃もたれを起こして、「朝食は食べたくない」なんてことになりますよね。

 

前日に空腹で寝れば、朝食時にはお腹が空いていて、朝食をしっかり食べることができます。

朝食を摂ることは、体内時計をリセットして、生活のリズムを作り出します。

 

朝食を摂ることで、朝から代謝を上げることもできるので、ダイエット中は朝食をしっかり摂ることは重要です。

空腹で寝るデメリット

慣れるまで辛い

慣れるまで辛い

空腹睡眠を始めたては、「お腹が空いて眠れない」なんてことになる方が多いです。

 

今までと食事時間から、大きくずれることになる方もいるので、最初は慣れるまでは辛いです。

いきなり18時以降は食べないとは決めないで、少しずつ食事の時間を早めるようにしていきましょう。

筋トレ効果が弱まる

筋トレで傷ついた筋肉は、寝ているときに修復されて、筋肉量がアップします。

 

空腹の状態で寝てしまうと、筋肉修復、筋肉量アップに必要な栄養素が十分に筋肉まで回らず、筋トレの効果が弱まってしまいます。

筋肉を増やしたい方には、空腹睡眠は向きません。

空腹睡眠の注意点

毎日空腹睡眠ダイエットをしようとすると、空腹感に負けてドカ食いの原因にもなりかねません。

最初は毎日行おうとせず、週2~3日くらいから始めてみるといいでしょう。

 

またどうしてもお腹が空いて寝れないときは、糖質が少ない太りにくいものを少し食べましょう。

チーズやヨーグルト、プロテインなど。

 

効果を早く得たいからと言って頑張り過ぎてしまうと、ダイエットに逆効果になる場合もあるので注意しましょう。

空腹はダイエットの敵ではなかった!?空腹感の効果、メリット7選!空腹感はダイエットの敵なんて考えていませんか?空腹感は暴飲暴食に走りやすい原因にあげられがちですが、実はダイエット、健康、美容に効果的な側面もあるんです。 この記事では、空腹感のダイエット効果、メリットについてまとめてあります!是非あなたのダイエットの参考にしてみて下さいね!...

まとめ

・空腹睡眠ダイエットとは、空腹の状態で寝るダイエット方法。

・睡眠時に成長ホルモン、コレチゾール、レプチン、グレリンの4つのホルモンがダイエットに密接に関わっている。

 

空腹で寝るメリット

・体脂肪を消費する

・睡眠の質が上がる

・自然と早寝になる

・朝ごはんをしっかり食べられる

 

空腹で寝るデメリット

・慣れるまで辛い

・筋トレの効果が弱まる

 

空腹睡眠ダイエットはとてもシンプルですが、シンプル故に効果はしっかりとあります。

また、ダイエット効果だけでなく、生活リズムを整えるのにも大活躍してくれます。

 

もし、実践されるようなら、無理に空腹感を作らずに、少しずつ体に慣らしていきましょう!

 

一応、食事制限など必要としないダイエット方法ではありますが、食事を意識することで、痩せるスピードは格段に変わってくるはずです。

 

あなたのダイエットを応援しています!

一緒に楽しく頑張りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です