運動

食事制限が苦手な人が痩せるために意識したい2つのこと

こんにちは!

ひとCです!

 

ダイエットには『食事制限』はつきものですよね。

でも、

「辛い食事制限はしたくない」

「食べるのが好きで、食事制限なんてできない」

「食べないとか死んじゃう」

とあなたは思っていたりしませんか?

私はめっちゃ思ってます!

 

私も食事制限が嫌いで、ダイエットでは辛い食事制限はしない主義です。

実際、私自身辛い食事制限で痩せた結果、10kg以上のリバウンドをしていますので、二度とリバウンドしないためにも、

今後、辛い食事制限をすることはないでしょう。

辛い食事制限をしなくても、人間は痩せられますからね。

 

食事制限をしないで痩せる方法ですが、結論から言いますと。

『食事をちょっと気を付けて、運動をメインにダイエットする』しかないです。

 

実際私は、運動メインのダイエットで、73kgから58kgまで痩せることができました。

食事制限が苦手なのであれば運動量を上げるしか手はありません。

 

個人的にですが、甘いものも食べられない辛い食事制限オンリーのダイエットよりも、運動した方が楽しく痩せることができましたし、

何より好きなものを食べても大丈夫なのが、ストレスを溜めずにダイエットできてよかったです!

 

なので今回はあなたに『運動メインのダイエット』についてお話しします。

 

あなたは、無謀にも食事制限のダイエットに挑戦しますが、なかなか上手くいかず、たくさんのストレスを溜めながらダイエットをすることになります。

痩せることができたとしても、その痩せた体をキープすることは難しく、

キープするために食事量はずっと少ないまま、

そのうち我慢できずに食べ過ぎ、リバウンドすること必死。

 

あなたは、好きなものも食べられない、辛い食事制限をせずに痩せる方法を身に着けることができます。

ストレスを溜めこまず、健康的に、かつ確実に、スリムに痩せることができるでようになりますよ。

このダイエット方法は体を動かすので、食事制限ダイエットよりも、確実に引き絞まったカッコいい体が手に入ります。

これから好きな人と、海やプールに行っても恥ずかしくなくなりますよ!

食事制限ができない、したくないというあなたは、絶対に最後まで読んでくださいね。

そもそもなぜ人間は太るのか

そもそもなぜ人間は太るのか

人間は、生命活動を維持するためにたくさんのエネルギーを必要です。

そのエネルギーの供給源は、食事から取り入れる炭水化物、糖質、たんぱく質、脂質などの栄養素です。

取り入れた栄養はエネルギーとして使われますが、使われずに余ったものは脂肪として蓄えられます。

これは、食事を摂れずにエネルギーを取り入れられなかったときのためのエネルギー源を確保するためです。

つまり太るのは、使うエネルギーよりも食事で取り入れたエネルギーが多くなったときです。

カロリーでいえば、

消費カロリー < 摂取カロリー

消費するよりも摂取するカロリーが多い場合太る。

これを痩せるためには、

消費カロリー > 摂取カロリー

摂取するカロリーより消費するカロリーが多い場合痩せる。

にする必要があります。

食事制限が苦手の人が痩せるために意識すべき2つのこと

食事制限が苦手な人がダイエット成功するには、この2つことができればOKです!

あとは継続するだけで、勝手に痩せていきます。

1、糖質、脂質の少ない食事を意識する

食事制限をが苦手な人が痩せるためには、制限はせずとも食事の内容を見直す必要があります。

糖質、脂質は主にエネルギーとして使われるので、もちろん取り過ぎれば太る原因になります。

食事全体の量は変えずに、糖質、脂質だけ少なくすることで、脂肪を蓄えることを防ぐことができます。

痩せるほどの減らす必要はありません。

少し意識するだけで、意識しなかったときよりも格段に糖質、脂質の量は減り、食事を改善することができます。

痩せる食事はできなくても、太らない食事ができるだけでOKです。

 

いろいろな食品で、『糖質○○%カット』とか『脂質0』など表記されているものもあります。

主食になるパンや米にも、こういったダイエット向けの食品が売られているので、これらを上手く活用するだけで、食事量を変えずに、糖質、脂質を抑えることができます。

 

もちろんすべての食事に取り入れる必要はありません。1日に摂る食事の1食でも効果があります。

食事を見直し改善することができれば、あとは簡単です!

2、運動量を増やす

運動量を増やす

食事を見直し改善することができたなら、あと運動して消費カロリーを増やすだけです。

運動することによって、1日に必要なエネルギー量が増え、食事を改善しているのであればどんどん脂肪が燃やされていきます。

運動するだけでもダイエット効果はありますが、上で話した食事を見直すことでダイエットの効率がグンっと上がります。

 

取り組んでほしい運動は『無酸素運動(筋トレ)』と『有酸素運動』です。

無酸素運動(筋トレ)で筋肉量を増やし基礎代謝を高め、エネルギーを消費しやすい体に鍛えます。

体も引き締まるので、男らしいイイ体が出来上がりますよ!

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動でエネルギーを消費して、ガンガン脂肪を燃やします。

どちらもハードなトレーニングをする必要はありません。

継続させることが一番大切ですから、あなたの体と相談して、少しずつ取り組んでいってください。

最初は少ししかできなくても、体が痩せていくにしたがって、できる量も増え、楽しくなってくると思います!

私がそうでした!

有酸素運動の知られざる真実・・・ダイエットには欠かせない、有酸素運動についての記事です。 有酸素運動って聞いたことあるけど、具体的には知らない。 ダイエットをしたいけど有酸素運動ってどうやったら効率よくできるの? とお思いの方は必ず読んでください。 あなたのダイエットを加速させてくれるはずです。...
結果をたたき出す!無酸素運動がとにかくすごい!こんにちは! ひとCです! 「ダイエットを成功させるには、無酸素運動をして基礎代謝を上げましょう!」 てな感じ...

食事制限が苦手な人がダイエットで気を付けること

食事制限が苦手な人は、上の2つのことだけ守っていれば基本的には成功しますが、気を付けた方がいいことがあるのでお伝えします。

これを知っているだけでも、ダイエットを安定して継続できるはずです。

1、早食いをしない

せっかく食事の内容を見直しても、早食いをしてしまうと満腹中枢があまり刺激されず、満腹感を得るのが遅くなってしまいます。

その結果、普段より多く食べてしまい、エネルギーを余計に摂取してしまいます。

また、早食いはインスリンの分泌を促して、脂肪の生成を促します。

ゆっくり食べることで、満腹感も得られ、脂肪の生成も抑えることができますので、食事はゆっくり味わって食べましょうね。

満腹中枢

摂食行動を調整する中枢神経。食欲を抑える摂食中枢と合わせて食欲中枢と呼ばれます。満腹中枢は血糖値の上昇によって刺激され、食欲を抑制します。食事をゆっくりと食べると、満腹中枢が刺激されやすく、食べすぎを抑えることができます。

引用元:一般社団法人 日本健康倶楽部

インスリンのおもな働き

  • 全身のほぼすべての臓器細胞にブドウ糖をとり込ませます
  • 肝臓や筋肉でブドウ糖からグリコーゲン(貯蔵糖)が合成されるのを促進します
  • 貯蔵されているグリコーゲンが分解されるのを抑制します
  • 脂肪組織で脂肪が合成されるのを促進したり、脂肪の分解を抑制します

引用元:糖尿病がよくわかるDMTOWN

2、食事の回数を減らさない

ダイエット方法に、断食やプチ断食と呼ばれるものがありますが、これらは数あるダイエット方法の中でもかなりキツイダイエット方法です。

食事を断つといことは、摂取カロリーを極限まで抑えることですから、脂肪を蓄えない、エネルギーを摂らない方法としては、直接的で効果はあります。

ですが、食事を抜くことはリバウンドのリスクを高めますし、健康に悪影響を与える原因になります。

すぐに痩せたいからといっても、絶対にやらないでくださいね。

 

食事の回数を減らすのではなく、食事の内容を見直すだけで十分にダイエット効果はあります。

また、食事の量を調整して、1日の食事量は変えずに食事の回数を増やすこともダイエットに有効ですよ。

3、お菓子の買い置きはしない

ついついスーパーで安売りしているからと、買いたくなる気持ちは分かりますが、お菓子の買い置きはダイエット中はやめましょう。

お菓子は目の前にあると、つい食べたくなってしまうものです。

なので視界に入らない工夫として、買い置きはやめましょう。

せっかく食事を見直し、運動をしても、お菓子の食べ過ぎによる糖質とカロリーの過剰摂取は、簡単に努力を水の泡にしてしまいます。

これで私は何回失敗したか分かりません。

でもお菓子を食べてはいけないということではないので、買ってもその日食べる分、1個だけにしておきましょう。

お菓子はカロリーオバケです。

食べないでも大丈夫なら食べない方がいいです。

私には無理ですが。

まとめ

あなたはこの記事を読んで、

・人間はなぜ太るのか。

・食事制限が苦手な人が痩せるための2つ方法。

【糖質、脂質の少ない食事を摂る。(量を減らすわけではない)】

【運動をする、運動量を増やす】

・気を付けること3つ

【早食いしない】

【食事の回数を減らさない】

【お菓子の買い置きはしない】

ということを知ることができました。

 

これからあなたがすべきことは、

・今の食事を見直し、糖質、脂質の少ない食事を意識する。

・運動をする、運動量を増やす。

・お菓子の買い置きは絶対にしない。

まずは昨日、または今日の食事を思い出して、食事内容を見直しましょう。

また、簡単な運動を取り入れて、少しずつでいいのでゆっくり継続してきましょう。

過度な食事制限が苦手なのであれば運動することは必須です!

1日に多くのことをするよりも、少しのことを長期間続けることができる方が、ダイエットは成功しやすいです。

すぐに結果を求めずに、長い目で見てダイエットは行ってくださいね。

お菓子の買い置きは絶対に止めてください!

マジで後悔しますよ…

 

では、今日の食事から見直して、筋トレしましょうか!

 

あなたのダイエットを応援しています!

一緒に頑張りましょう!

https://hito-c.com/past/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です