食事・食品

食べてもカロリー0!?食物繊維が体を痩せやすくする理由

こんにちは!

ひとCです!

 

ダイエットについて調べていると、

「食物繊維を摂れ」

「食物繊維はダイエットに良いんだ」

みたいなことを目にしませんか?

 

食物繊維という言葉自体、聞いたことがないという人はいないでしょう。

ですが食物繊維がどういうもので、どういう効果があるかはご存知ですか?

 

「名前だけ知っているけど、どういうものかは知らない」

という人のために、

今回はダイエット、健康に効果的な『食物繊維』についてお話したいと思います!

 

あなたは、食物繊維のダイエット、健康効果を知ることができます。

食物繊維に詳しくなったあなたの食生活は、自然と太りにくく、痩せやすい理想的なものになります。

食物繊維を賢く摂取して、賢く、効率良く痩せていきましょう!

 

健康にも効果的な、この食物繊維、知らないなんてもったいないですよ。

是非最後まで読んで、あなたのダイエットに活かしてくださいね!

食物繊維とは

食物繊維とは

食物繊維とは、私たち人間の消化酵素では消化できない成分のことです。

 

食物繊維は炭水化物に含まれます。(炭水化物=糖質+食物繊維)

消化できないので、食物繊維を摂取してもカロリーにはなりません。

なので、カロリー表記などに食物繊維が含まれている場合は、食物繊維の分のカロリーは吸収できません。

 

昔は、「栄養がない」「食べても排出されるだけ」などと言われていましたが、

現在では、様々な健康効果があると分かったため、『第六の栄養素』として注目されています。

 

食物繊維は、水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」の2種類があります。

それぞれを見ていきましょう。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、水に溶けてヌメヌメした粘性があります。

 

主な効果は、

・コレステロールや糖質の吸収を妨げる(吸収しにくくする)

・胃や腸内をゆっくり移動するので、満腹感が長続きする

血糖値の急激な上昇を抑える

・便を柔らかくする

・腸内の善玉菌のエサになって、善玉菌を増やす

・大腸内で発酵、分解され、腸内環境を整える

どれもダイエット中には嬉しい効果ですね!

特に善玉菌は通称「痩せ菌」とも言われ、この痩せ菌が多いほど痩せやすい体質になるそうです!

 

水溶性食物繊維を多く含む食品としては、

昆布やわかめなどの海藻類、納豆、こんにゃく、フルーツ、大麦などです。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、水には溶けにくく、逆に水を吸収して膨らむ特徴があります。

 

主な効果は、

・水分を吸って大きくなり、腸内を刺激して腸の動きを良くします

・腸を移動する際に、腸内の有害物質を絡めとって、そのまま排泄されます

・便のかさが増えて、便通が促進

・大腸内で発酵、分解されて、腸内環境を整える

水を吸って膨らみ、満腹感も期待でき、腸内の有害物質を取り除いてくれるのは嬉しいですね!

 

不溶性食物繊維を多く含む食品としては、

穀類、玄米、豆類、サツマイモ、カボチャ、ホウレンソウ、キノコ類、フルーツ、などです。

 

オートミールが不溶性食物繊維、水溶性食物繊維の両方をバランス良く含んでいるので、ダイエット中にオススメの食品です。

スーパーフード!?食物繊維豊富!?オートミールは本当に痩せるのか?あなたはオートミールというスーパーフードをご存知ですか?海外では朝食によく食べられている食品なのですが、このオートミールはローカロリー、食物繊維が豊富、ビタミンミネラルも豊富で、健康に痩せるためにはぜひ取り入れたい食材なんです!食物繊維をしっかり摂って、健康的に痩せたい人は是非オートミールをこの記事を読んで活用してみてください!...

食物繊維で痩せやすくなる理由

血糖値の急上昇を抑える

食物繊維には、上でも話した通り、血糖値の急上昇を抑える働きがあります。

 

糖尿病患者を対象とした「食物繊維摂取量の増加と血糖値の改善」に着目した複数の研究では、血糖値の改善が確認されています。

 

CMなどで聞き覚えがあるかもしれませんが、食物繊維には、

「糖質の吸収を穏やかにして、血糖値の急上昇を抑制してくれる」という働きがあるんです。

咀嚼数が増え、食べ過ぎ予防に

咀嚼数が増え、食べ過ぎ予防に

食物繊維を豊富に含む野菜や、穀類(玄米や雑穀米)は、噛み応えのある食品が多いので、

食事の際の咀嚼数(噛む回数)が自然と増えます。

 

咀嚼数が増えることによって、唾液や消化酵素の分泌が促進され、

暴飲暴食の予防や、胃や腸などの消化器官の負担を軽減し、

消化、吸収、排泄のサイクルがスムーズになります。

 

食物繊維自体が腹持ちが良く、満腹感を得られやすいので、それも合わさって食べ過ぎ予防に繋がります。

腸内の善玉菌(痩せ菌)の数を増やす

食物繊維は、腸内の善玉菌のエサになり、善玉菌を増やしてくれます。

 

善玉菌は体に良い影響を及ぼす菌です。

腸内の働きを活性化させ、便秘や下痢を予防したり、病気に対する抵抗力を高めてくれたりします。

そのほかにも、脂肪蓄積の予防や、代謝を促進させ、エネルギー消費をサポートする働きも。

 

健康的にスリムな人の腸内には善玉菌が多いそうです。

まとめ

・食物繊維とは、人間には消化できない成分のこと。

・食べてもカロリーにはなりません。

・食物繊維は「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の2種類。

 

食物繊維の体を痩せやすくする理由は、

・血糖値の急上昇を抑える

・腹持ちが良く、咀嚼数も増え食べ過ぎ予防

・腸内の善玉菌を増やす

食物繊維はダイエットだけでなく、健康面で見てもたくさんの効果が期待できる成分です。

 

ダイエット中はもちろん、痩せた後も積極的に摂取して、

食べても太りにくく、痩せやすい体と、生活を手に入れましょう!

 

食物繊維を食べ過ぎると、お腹が緩くなる人もいるので、そこだけ注意です。

 

あなたのダイエットを応援しています!

一緒に楽しく頑張りましょう!

あなたの有酸素運動を楽しくさせるプレゼントを用意していますので、是非受け取って活用してみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です