運動

筋トレと有酸素運動!どちらが痩せる!優先すべきはこっち!!

こんにちは!

ひとCです!

 

ダイエットに運動といえば2種類ありますよね!

そう!

『筋トレ(無酸素運動)』と『有酸素運動』です!

 

「ダイエットで運動しようと思うけど、どっちを優先してすればいいの?」

「この運動にどんな効果があるの?」

とお悩みの方もいるはず。

 

どちらの運動も、ダイエットに効果のある運動ですが、それぞれの効果は違います。

ダイエットを効率よく進めるためには、筋トレと有酸素運動どちらを優先すべきかというと、

 

「両方すべきです!」

答えになってない!

片方だけなら「筋トレ」です。

 

ということで今回は、

『筋トレと有酸素運動のダイエット効果』についてお話します!

 

あなたは、ダイエットに効果的な、筋トレ、有酸素運動の特徴、効果を知ることができます。

自分のダイエットに合った運動を、行うことができます。

運動もダイエットに取り入れて、スポーティな絞まった、綺麗なラインの体を手に入れましょう!

 

運動を取り入れた方が、ダイエットに楽しさを見つけやすいですよ。

楽しいダイエットは継続することが簡単です!

是非最後まで読んで、あなたの楽しいダイエットを見つけてくださいね!

ダイエット中の筋トレと有酸素運動の効果

筋トレ(無酸素運動)と有酸素運動(ランニングなど)は同じ運動ではありますが、ダイエット中に運動する上で体に与える効果が違います。

まずはそれぞれの、運動の効果を確認しましょう。

筋トレの効果

筋トレの効果

筋トレは無酸素運動と呼ばれ、短い時間に大きな力を発揮する強度の高い運動です。

筋肉を動かすためのエネルギーを、文字通り酸素を使わずに作り出します。

 

筋トレのエネルギー源は糖で、筋トレ自体では体脂肪は燃焼されません。

 

ダイエット中の筋トレの効果は、筋肉を鍛え、筋肉量を増やすことで基礎代謝の維持、向上させる効果が期待できます。

基礎代謝を維持、向上させることで、消費カロリーのベース(生きているだけで消費するカロリー)を減らさず、場合によっては増やしながらダイエットできます。

 

筋肉を鍛えることで、見た目も引き締まったカッコイイ体になれます。

ただし筋肉を目に見えて増やすには、筋肉を成長させる時間、トレーニングにかける労力、筋肉に原料になるたんぱく質が必要です。

 

筋トレ単体だけでは、消費カロリーは期待できませんが、太りにくく痩せやすい体を作るためには必須の運動です。

結果をたたき出す!無酸素運動がとにかくすごい!こんにちは! ひとCです! 「ダイエットを成功させるには、無酸素運動をして基礎代謝を上げましょう!」 てな感じ...

有酸素運動の効果

有酸素運動の効果

有酸素運動とは、ウォーキング、ランニング、水泳などの軽~中強度の負荷を継続的にかける運動のことです。

運動中に呼吸をして、筋肉を動かすエネルギーを文字通り、酸素を使って作り出します。

 

有酸素運動のエネルギー源は主に糖と脂肪で、運動し始めは糖の使用割合が多く、脂肪は少なめ、

個人差はありますが、運動して20分経過したくらいから、糖と脂肪の使用割合が逆転して、効率良く脂肪を燃焼できます。

 

ダイエット中の有酸素運動の効果は、脂肪を直接エネルギーとして燃焼できることと、その日の消費カロリーを上乗せして増やすことができます。

消費カロリーが増えるので、食事、カロリーの管理がしやすいダイエットができます。

 

有酸素運動は、糖、脂肪の他にも筋肉を微量ながら消費してしまいます。

本当に微量なので、ダイエット目的なら1時間以内の有酸素運動は、気にする必要はないですが、

1時間を超えるほど長時間の有酸素運動を行うと、筋肉の消費する割合が増えますので、やりすぎ注意です。

ランニングで爆発的に効率良くガンガン痩せるための7つコツダイエットで有酸素運動をして痩せるならランニングがおススメです。この記事では、ランニングで痩せるためのコツを7つご紹介しています。ランニングは楽しくて、ちゃんとダイエットにも効果のある運動です。この記事を読んで是非あなたのダイエットに取り入れてみてください!...

両方やるのが最強!最速!

冒頭でもお話ししましたが、両方行うことがダイエットには効果的で、なおかつ痩せるスピードが速いです。

 

筋トレで基礎代謝を維持、または増やし、有酸素運動で脂肪を燃焼+消費カロリーを増やす。

ダイエットし始めは、有酸素運動の方が多めにすると効果が早く現れます。(経験から)

 

ダイエットの進行状況に合わせて、運動の比率や内容は変えていきましょう。

筋トレのメニューを増やしたり、ランニング(有酸素運動)の距離や時間を延ばしたり。

1日にすべて行うのではなく、筋トレの日、有酸素運動の日など分けて行うのもオススメです。

 

継続できる範囲から、あなたに合った方法でダイエットしましょう!

片方だけやるとしたらどっち?

片方だけやるとしたらどっち?

筋トレか有酸素運動、片方だけやるとしたら『筋トレ』がおすすめします。

 

筋トレの方が、基礎代謝を下げずに痩せやすい体を作りながら、ダイエットすることができます。

ただし、消費カロリーを増やす効果は期待できないので、カロリーや糖質などの管理はしっかり行いましょう。

 

食事をたんぱく質寄りにしっかり摂って、筋肉を増やしながらゆっくり痩せるのが、リバウンドのリスクが少なく、失敗しにくいダイエットができます。

ただし、痩せるまで時間がかかります。

 

食事量を減らせば早く痩せれますが、極端な食事制限は失敗しやすいので、しない方がいいですよ。

食事管理はしっかり

食事管理はしっかり

これまで、筋トレと有酸素運動のお話をしてきましたが、これはすべて食事管理がしっかりできていることが前提の話です。

 

痩せるためには、食事の管理が必須です。

なぜなら運動で消費するカロリーよりも、食事で摂取するカロリーの方が圧倒的に多いからです。

あなたもお分かりだと思います。

 

ダイエットは食事の管理、改善が最重要!

運動は、ダイエットをサポートするオプションのように思っていてください。

 

運動が無くても、食事の管理さえできていれば、自然と痩せていくことができます。

それを早めるための運動です。

食事の管理が疎かにしてしまうのであれば、運動はしない方がいいです。

まとめ

・筋トレは基礎代謝を維持、向上させるための運動

・有酸素運動は、脂肪を直接消費でき、消費カロリーを増やすための運動

・筋トレと有酸素運動、両方行うことがダイエットスピードが速くなる

・片方だけなら、筋トレ

・食事の管理が大前提!

ダイエットには食事管理をすることが前提で、その上で運動を組みこむことで、運動から得られる効果が際立ちます。

 

筋トレも有酸素運動も、最初は続けることは少し苦痛に感じるかもしれませんが、慣れてくると運動の楽しさを味わうことができると思います。

 

楽しさを味わうことができれば、継続させることは簡単です!

最初は踏ん張ってみて、是非運動の楽しさを見つけてみて下さい。

 

筋トレだけ、有酸素運動だけと言わずに、できることは全部やってダイエットすることをオススメします!

 

あなたのダイエットを応援しています!

一緒に頑張りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です