食事・食品

要注意?ゆで卵ダイエットする以上、知っておきたい4つのデメリット

こんにちは!

ひとCです!

 

最近「ゆで卵ダイエット」なるものを耳にしたのですが、あなたはご存知ですか?

主に、主食をゆで卵に置き換えるダイエット方法なのですが、卵は糖質がほとんどないので、食事の糖質の割合が減って結果的に痩せるそうです。

 

私は、ゆで卵ダイエットはしたことはないのですが、ゆで卵自体は大好きで、栄養価もとても高いので、よく食べます。

そんな栄養価が高い卵を、ゆで卵ダイエットでは多く食べることになるのですが、

ゆで卵を食べ過ぎるために起こる、デメリットは存在します。

 

なので今回は、

これからゆで卵ダイエットをしようと思う方、

ゆで卵が好きで良く食べる方のために、「ゆで卵ダイエットのデメリット」についてお話していきます。

 

あなたは、ゆで卵を食べ過ぎると、どんなデメリットがあるのかを知ることができます。

デメリットを知った状態で、ゆで卵ダイエットをすることで、ダイエットの成功率を上げたり、健康維持しやすくなるはずです。

ゆで卵の食べ過ぎには注意して、スラっと綺麗でカッコイイ体を手に入れましょう!

ゆで卵ダイエットをしようか考えている方。

ゆで卵が好きで良く食べる方は、是非最後まで読んでみてくださいね。

ゆで卵ダイエットとは

ゆで卵ダイエットとは

ゆで卵ダイエットとは、主食であるごはんやパンをゆで卵に置き換えたり、間食などにゆで卵を食べて痩せるダイエット方法です。

卵の栄養価(1個50gあたり)

エネルギー 76kcal
たんぱく質 6.2g
脂質 5.2g
炭水化物 0.2g

 

ゆで卵は高たんぱく、低糖質で腹持ちも良く、糖質制限ダイエットや、普通に糖質を抑えるために効果的な食材です。

必須アミノ酸のバランスを評価した数値、アミノ酸スコアも100点!

アミノ酸スコアが高いほど、その食品には良質なたんぱく質が含まれているということ。

 

そのほかにも、レンチン、コラーゲン、ビタミンA、B6、E、塩化リゾチームなど健康、ダイエット、美容などに効果的な成分がたくさん含まれています。

 

あの歌舞伎役者「市川海老蔵」さんも、ゆで卵を活用して20kgのダイエットに成功しています。

ゆで卵ダイエットのデメリット

そんないいとこばっかりの、ゆで卵ダイエットのデメリットをご紹介します。

これから説明するのデメリットは、「食べ過ぎた場合」のデメリットです。

1、肝臓や腎臓に負担がかかる

ゆで卵を食べることで摂取したたんぱく質は、体内で合成と分解を繰り返します。

 

そのうち余った(過剰に摂った)たんぱく質は、窒素に分解されます。

その窒素を体外に排出するために、肝臓、腎臓が働きます。

 

たんぱく質を過剰に摂取しすぎると、肝臓、腎臓の負担が普段よりも大きくなり、

内臓疲労の原因になります。

 

内臓疲労になると、体が重く感じ、肌荒れや便秘、下痢などの不調に。

また、免疫力が低下して、風邪などの病気にかかりやすくなります。

 

倦怠感のせいで、仕事や学校、ダイエットのやる気などが出なくなるかも。

やっぱりか...ダイエット中の便秘の原因にこれ!+解消するための7つの方法!ダイエット中に便秘に悩まされてはいませんか? ダイエット中に便秘になるのは原因があります。 その原因と解消方法を記事にまとめました。 ダイエット中でもそうでなくても、便秘に悩まされていたら是非参考にしてみて下さい!...

2、腸内環境が乱れやすくなり、体臭、口臭が臭くなる

体臭、口臭が臭くなる

腸には100種類以上、100兆個に及ぶ腸内細菌が生息しています。

 

卵に含まれる動物性たんぱく質を摂りすぎると、体内に吸収されなかったたんぱく質が腸内に送られます。

たんぱく質は腸に送られると、腸内の悪玉菌の餌になり、悪玉菌が増えるので、腸内環境が乱れやすくなります。

 

善玉菌が増えると痩せやすくなるので、痩せ菌

悪玉菌が増えると太りやすくなるので、デブ菌

などと呼ぶこともあります。

 

本来、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の中で、一番少ない悪玉菌が増えると腸の活動が弱まり、

食中毒菌や病原菌による感染症の危険性、発がん性を持つ腐敗産物が多く作られてしまう場合があります。

 

腸内に腐敗産物が増えると、体臭や口臭が臭くなる可能性があります。

 

おならは120%臭くなりますので、周りに注意してください。

3、卵アレルギーを発症するかもしれない!?

ゆで卵の食べ過ぎは、アレルギーを発症することがあります。

 

「子供のころから食べて何ともないから、大丈夫」

と思っている方も、アレルギーには個人差があり、卵を食べる量によって発症することがあります。

 

また、後天的なアレルギーの可能性もあるので油断なりません。

蕁麻疹などの症状が出たら、必ず病院へ行って医師の診断を受けて下さい。

放っておくと、呼吸困難や、意識を失ったりする可能性もあるので、迅速な対応が必要です。

4、動脈硬化、心臓疾患、脳卒中のリスクが上がる人も

厚生労働省公認で、卵は上限なしで食べてもよい食品とされていますが、これは『健康な人』という制限付きでの話です。

 

もうすでに、血中コレステロールが高いと分かっている人や、なかなかのメタボリックシンドローム気味の人が、ゆで卵を食べ過ぎると、

動脈硬化、脳卒中、心臓疾患などのリスクを高めてしまうので、注意してください。

 

また、「日本摂取基準」2015年版では、

卵を1日2個以上食べる女性と、1個しか食べない女性を比べた時、がんで死亡するリスクが、卵を1日2個以上食べる女性の方が2倍程度高かった。

というデータがあります。

 

データがあるだけで、卵とがんが直接結びついているという、明確な因果関係があるわけではありませんが、

一応、そういう話もあると、覚えておくといいかもしれません。

まとめ

ゆで卵ダイエットで、ゆで卵を食べ過ぎると以下のようなデメリットがある。

・肝臓、腎臓などの内臓に負担がかかる

・腸内環境が乱れ、悪玉菌が増えることで、体臭、口臭の原因に

・卵アレルギーを発症することもある

・卵を制限しないと、動脈硬化、心臓疾患、脳卒中のリスクが上がる人もいる。(健康であれば問題ない)

 

このデメリットはすべて、食べ過ぎた時に起こりうるデメリットです。

1日に3,4個くらいであれば何も問題はありません。

 

卵は健康、ダイエットにもとても効果的な食品ではありますが、

「1日に10個食べる」

「3食ゆで卵のみ」

なんて極端なことはしないようにしましょう!

 

どんなに体に良いものでも、食べ過ぎれば何でも毒になります。

食事は量と、栄養バランスを考えて摂りましょうね。

 

あなたのダイエットを応援しています!

一緒に頑張りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です